FC2ブログ

TRPGゲーマー【ユメ】の転がってる所。 以前リンクしてくださってた方々はリンク御自由に! その他の方は一言くださいませ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

categoty: スポンサー広告

tb: --   cm: --

top△

レナリアの野望【第一回】  


というわけで、ノリと勢いだけで始まった
この覇業。息切れするまではやります。

野望の開始は ―――。





あ。 お話の前にこれ。

第一回はじめ。

日本の端っこからスタート。
つーか端っこどころか 海峡の向う側である。
ちなみに青の枠が出てる、家紋は同盟国である。
精々利用したり利用されたりする予定。

さて我等はまず、海を越えねばならないのだけど。

ええ。 ええ。  ええ。 大赤字ですとも。
金銭収入以上に支出が多いから、赤字なんですね。 当然のことだ。
どれどれ、何故だろうか。


                そうか、武将数が多すぎるんだね?!


もともと、3人しか居ない大名家に、12人も押しかけたから…!

そら赤字になるわって話である。

レナリア様: 「 よし! 市を増産するんだ! 四季毎にお金が入るからね! 」

* このゲームは、365日で計算されており。 3月・6月・9月・12月で【季節】が変わる。 *

おかん: 「 レナちゃーん …! お米は …! 」

レナリア様: 「 水田つくれない。 」

そうなのだ。 この場所は、水田造れない処だったのだ――――!

なので、諦めさせて 【市】という金銭収入が出る施設を、増産させる。
政治高い面々が居るので、がすがすできてく。 他の奴等は
仕事がないので、きっと熊退治でもしてたんだろう。 ニートではない。

しかしながら、収支が黒字になる寸前に。

『 俸禄が十分に支払えない状況に、不満を持つものが多いようです。 』

と インフォメーションが流れる。 ああ、忠誠心下がったな仕方ねー!
まず、元々この勢力に居たおっさん武将達の忠誠が下がる。
まあ、仕方ないことよ! 黒字になったら、戻るはずだ。

一方、鋼亭面子はエディットの段階で【義理値】*裏切りにくさ等に関係する。* 
この数値を、マックスにしてるから、不満もっても、忠誠殆ど下がらない。
まさしく友達国家てどうなんだ、まあいいか。

一応チェックしていくことにすると。
うん。 忠誠100の数字が ずらり、 ――――!

ではなかった。

下がってる奴がいた! 忠誠95になってる!

誰だ!

くろむ。

「 おれだよ わるいかよ (・皿・) 」

く、クロムウウウウウ、、、!

むしろ、私はビビった。
あの面子の中で、一人文句を並べるクロムに。
来月あたり死んでるんじゃないかと。

まあ、脳内で補完するとだ。
もしかして、旧来のおっさん家臣(元々勢力にいた)達の
不平不満を代弁してみただけなのかもしれない。

大変だなあ。 娘っこどもと、 おっさんの間って。 半端ネー。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

そんなこんながあって、収支も上向きに。
いっそ、現状で開発できる場所全てを、開発した。
市場を潰して、上位の商館に替え。( 開発土地が限られてるので、下位の施設を潰す必要がある。)
畑を潰して、効率の良い漁場に替え。( おかんが凹んで お篭もりしたんで、皆で説得した。 しゃーないねん。 )

さて、そろそろ攻めたいなあと思うんだが。
我が国は、基本的におかん宰相が牛耳ってるので。
暴れまわるような侵略はしないという、ロールプレイ。
具体的には、ちょっかい出してきた国だけ、ぶち倒すわけなんだ。
あと同盟は断らず、援軍要請も断らず、捕虜も返す。

脱線したが、ちょっかい掛けられないと、駄目なので、
どうしたものか!と 思っていたら。

「南部家の我が国領土への、煽動工作失敗の模様」と出た。
* 南部家は 海峡挟んだ隣接国。 *

馬鹿め。 (´-`)

民を煽動ってことは、農民とか、町民そそのかして、
領主と殺し合いしようぜ!と 煽る事だ。(極端な要約。)

静かにブチギレる おかん宰相。
レナリアが進軍計画を、軍師ロゼットに命じる前に、物事は動き出していた。

レナリア: 「 (´・ω・)? 」

ともあれ蓄えた兵力は、およそ、2万弱 ――――!
【後方】が存在しない、日本の端である、我が国は。
全軍ぶっこんで、真冬の津軽海峡を船で横断し …。( よく遭難しなかったな。 )


戦闘推移は、書くのが、面倒というか、ムズカシイというか。
とりあえず、布団王子の騎馬特技が凄かった。 敵が恐慌して士気低下。
本拠地に逃げ込もうとする、敵本隊を計略の【足止】で延々と、逃がさない 軍師+おかん+クロム。

何故か 敵の別部隊に執拗に狙われる リーナ部隊は
追ってこいごらー!と 移動で引き回す。 そうか ハーレム部隊だからか。


だが布団王子よ。 特技【影打】の時、台詞いうのはいいんだが。

おうじ。

「 どうした! 布団王子は一人ではないぞ! 」

これはどういうことですか。 くそわろたよ。
影布団! 影布団! 影布団!

きっと、外人部隊とかいうくせに、外人一人だけだから、切なくなったのかな。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

と、まあ。 結構きわどい戦もありましたが!
結局こう! 

第二回はじめ。

イエス! 我等は南部家を滅ぼして、本州に乗り込んだのだ ――――、、、!
ちなみに、元南部家の人々は君主ごと、全部登用に成功。 仲間に入りましたよー。ノ

今日はここまで!

ちなみに、スピカが えらい 頑張って輸送してました。
功城戦の後ろで、物資もって、一人じっとまってたり。。



スポンサーサイト

Posted on 2009/10/16 Fri. 21:19 [edit]

categoty: レナリアの野望

tb: 0   cm: 2

top△

コメント

剣亭国と違って、他の国では女少ないからか!<ハーレム部隊狙われまくり

ともあれおかん宰相とクロムにジャブ喰らって笑ってたら、最後の最後で布団王子にトドメさされたy

それにしても影の功労者はすっぴーだな、、、!(w

鳴瀬 #0c/M6HYA | URL | 2009/10/18 14:47 - edit

お前は舞台が変わっても何も変わらないのかと自PCに突っ込みました。(大笑い。)

あれです。旧来の唯一の口火場だったんですよ。
そうです、そうなんですよきっと、、( ノ 燕 ゚)

飛燕 #- | URL | 2009/10/18 21:36 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://steeltrpg.blog53.fc2.com/tb.php/6-890dcabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。